MENU
ひなた(ヒナレコ)
この記事を書いた人
もとは小説家。
音楽バカがこうじて「ヒナレコ❗️」音楽特化サイト開設。

目標は「ひなたカフェ」とフリースクール開業!

カタガキは料理人、音楽家、イベンター、ライター、脚本家、など紆余曲折しまくって器用貧乏まっしぐらです。

雑記や小説などは 【 note 】に引越しマシータ
よかったらどーぞ!👇 👇 👇
【コスパ重視】Amazonで2021年買ったもの7選!【可愛いは正義】

最速レビュー!Amazon Echo Buds2 日本発売!独自ANCの使用感は?

amazon EchoBuds2

Amazonの本気!!(ドヤァァァ!!)と銘を打って、日本上陸!!とかいかにも待望感を出しまくってるAmazon Echo Buds2 

いきなり「第二世代じゃい!」とかいって「いや・・第一世代知らんのですけど」って人も多いんでしょうが、日本での販売は初となります。発売は2月24日
発売数日ですでにAmazonの販売ページでも好印象のレビューが多数上がってきています。

EchoBuds2 colour

カラーは現在は2色。グレーシャーホワイト・ブラック。どちらも定番感の強い、間違いない色ですね。

Z世代、世界はPCを持っていない「スマホがあればじゅうぶんじゃね?」という世界線。スマホとYouTubeとサブスクあれば動画も映画も音楽もいくらでも楽しめまっせという時代はワイヤレスイヤホン市場はまさに戦国時代。
Amazonさんはアレクサ推しで何にでも搭載しますが、イヤホン市場についに本気で参戦ですね。「第一世代」はプロトタイプという意味合いもあったのか、ガッツリ改善して今回の第二世代・Amazon Echo Buds2でついに本気でイヤホン市場のシェア争いに乗り込んできたという感じでしょうか。

スペックとともにこのイヤホンが「買い」なのか検証していきたいと思います。

目次

『Alexa』に対応。ハンズフリーで音楽も電話もスマートデバイスも操作が快適に・・(?)

「アレクサーー、音量上げて」
「アレクサーー、Aimerの残響散歌再生して」
「アレクサーー、〇〇君に電話かけて」

・・いる?正直、いる?
家では他のアレクサデバイスあるから誤爆しそうだし、外出先で声で操作するのもアレだしなぁ。
なかなかイヤホンでアレクサが活躍する出番は少ないのかもしれません。まぁ実際つかってみると便利かもしれませんが。

リビングやキッチンにあるAmazon Echo Show 5は料理や洗い物、掃除などの家事全版、自宅トレーニング中に音楽流したり、YouTube再生したり、手が離せないときには大活躍しています。買ってよかったEcho Show

なのでイヤホンでアレクサ使うかな・・ってのは今のところの正直な感想です。
対応OSはiOSおよびAndroid。SiriやGoogleアシスタントの起動もしっかりサポートしていますね。
対応アプリもAppleミュージック、SpotifyやAWA、radikoなどひととおりあるので安心です。
ランニング・ウォーキングとかしている人はスマホを取り出さずに操作できるのはかなり便利ですね。

ダイナミックオーディオ、アクティブノイズキャンセリング機能を搭載

EchoBuds2driver

スペック的には同価格の人気の売れてるイヤホンのパ○リ?という感じ。「コレ!」といった「Amazon Echo Buds2ならでは!!」という特化したものはない印象ですね。
5.7mmのダイナミックドライバー搭載!も、一般的には6mm前後なので普通に安心して良い音が聴けると思います。
内外搭載のマイクで外部の音を取り込み可能なので、ノイキャンオンオフでいい感じに用途の切替もスムーズにできるでしょう。

ANC(アクティブノイズキャンセリング)
効果
外音取り込み機能
評価
低音
評価
音の解像度

ANC ノイキャン性能としては及第点。使用感に問題はないが、同価格帯でもっと強い遮音性の高いものはあるかも?
イヤホンのフィット感は多少キツめの印象があるので、遮音性向上につながってますね。

外部音取り込み これは思った以上に「ええやん!!」という印象。装着時と非装着時の違いがあまりないとても自然な音。かなりグッジョブですね。同価格帯と比較しても優秀!!

低音 ちょっと弱め・・EDMとかドスドスノリノリで聴きたい人には少し物足りなさを感じるかも?イコライザーでいじくればある程度は回避できるかも。

・解像度 かなりスッキリとした爽やかなサウンド。この価格帯のイヤホンでは相当頑張ってる印象ですね。一般的に「音が良い」の判断材料は低音より、この解像度が重要かと思います。

総合的には「Amazonさんーー!!やるじゃん!!」正直、優等生の平均点イヤホンとタカを括ってましたが、その優等生の中にキラリと光る個性も秘めていました。とても好印象で「Amazonの本気」が伝わってきました。

対応コーデックはSBC / AAC


発売前)販売ページに対応コーデックが記載がなく「SBC / AAC / aptX」・・何で再生されているのか現在不明。
おそらくコスト的にaptXは対応していないんじゃないかと推測されます。この価格帯なので仕方ないのかな?と思います。

と、発売後に判明したコーデックは予想通り「SBC / AAC 」。これは仕方ないですね、このコスパで「aptX」を期待しちゃかわいそうかと思います。

バッテリーについても1回の充電最大5時間、充電ケース使用で15時間。クイックチャージ対応で安心して長く使えるそうですね。普通です。ごく一般的。

人気の売れ筋を丸パクリは悪いことではなく、世界の売れ筋、最高峰のビックデータを持っている王者Amazonが人気のワイヤレスイヤホンをいいとこを分析し、Amazonの技術力でAmazonブランドに昇華させ本気の真面目なナイスなオマージュ?
世界中の一番多くの人々にフィットするちょうどいいイヤホンを作った、といえばこれ以上にないポジティブな戦略です。

Amazonなら負ける勝負をしないだろうし、きっと多くの人が納得する定番のデバイスになるのでしょう。

『Echo Buds2』はどんな人が買ったらいいのか

けっきょく「じゃあ買うわ〜」って人はどんな人なのか。今回のまとめです。

もうすでに同等の価格のイヤホンを持っていて、それなりに気に入ってる人はあえて買い換える必要はないですね。
今持ってるイヤホンが不調・・不満。ちょうど買い替えを考えているけど、何にすればいいかよくわからないって人はこの『Echo Buds2』にしておけばほぼ間違いないと思います。数ある売れ筋のイヤホンのいいとこ取り、天下のAmazonデバイスはなんだかんだいって、性能もサポートも含め安心安全です。

海外の変な謎メーカーのサポートも不明なイヤホンをつかまされる心配はないですからね。イチカバチカで買うくらいならAmazonのを買っておいて間違いなしかと!

アレクサ関連の機能については

  • 家にアレクサ系のスマートデバイスを持っていて、ハンズリーの能力をもっと高め近未来感を味わいたい
  • Apple Watchなどスマートウォッチを持ってなくて、スマホを取り出さずに操作できる環境が欲しい

必要な人にとってはかなり生活がワンランク上になっちゃうんじゃないかと。ハンズフリー系って「それいる?」って思いがちですが、やっぱり使ってみると後には戻れないくらい快適なんですよ。

もともとイヤフォンにめっちゃ詳しい!AppleのAirPods Pro、SONY、ゼンハイザー、BOSEとか使ってる耳の肥えてる人にはきっと物足りないでしょう。『Echo Buds2』はコスパかつ優等生なイヤホンとして存在であることは間違い無いですから。

(2022/02/25)現時点での販売ページレビューでも、22のレビューが上がっていて
「☆5・4の割合は74%」これはかなりの高評価です。初期不良・大きな不具合の報告も上がってないところはかなりの安心材料。

レビューの大まか抜粋としては
・アレクサ搭載は想像以上に便利
・ノイキャンはやっぱり弱い・・・
・コスパ優秀!!

こんな声が目立ちますね。
Amazon Echo Buds (エコーバッズ)、公式のレビューを見てみる

コスパイヤホンやスマホ関連のガジェットの絶対の信頼を誇るAmazonと仲良しのメーカー「Anker」
こちらのイヤホンもかなり優秀ですので、気になる方はこちらの実機レビューも見てください。

わたしはAnkerのSoundcore Life P3がいまは大満足なので、『Echo Buds2』はいまはまだ様子見といったところが本音です・・。

▶︎ ▷ Soundcore Life P3、¥1,000 OFFクーポンがあります

■ よくよまれている記事 ■

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる