MENU
ひなた(ヒナレコ)
この記事を書いた人
もとは小説家。
音楽バカがこうじて「ヒナレコ❗️」音楽特化サイト開設。

目標は「ひなたカフェ」とフリースクール開業!

カタガキは料理人、音楽家、イベンター、ライター、脚本家、など紆余曲折しまくって器用貧乏まっしぐらです。

雑記や小説などは 【 note 】に引越しマシータ
よかったらどーぞ!👇 👇 👇
【コスパ重視】Amazonで2021年買ったもの7選!【可愛いは正義】

配信停止か?プライムビデオで見る「園子温監督作品」7作品レビュー

園子温監督作品・厳選7作品

映画業界のニュース・・悪い方のね。
映画監督の榊英雄氏。俳優の木下ほうか氏と最近立て続けに「性被害」が明るみになってしまった。

「ギョーカイではやっぱりこんなこと当たり前なの?」

そんな声が大きくなった世間で、また大御所?が告発された。

映画監督の園子温(そのしおん)氏が、出演女優らから告発されました。

「主演女優にはだいたい手を出した」とニュースになり世間の反応は「ですよね、だって園子温だもん」という反応でした。
私もこんなに「やっぱりね」と思う人は他には想像できないほどです。

立て続けの「性被害」のニュースで被害者の女性が「今が告発のチャンス」と思ったのか、週刊誌がここぞとばかりにスクープをぶっ込んだのか・・真相はわからないですよね。
ネットリテラシーが問題になっている昨今。園子温氏もことも、他に告発された人に対しても無碍に「叩いて炎上させる」こともしてはいけないと思いますけどね。芸能界の闇はもっと深い。
真実はどこにあるかわからないですからね。

今回の告発で99%は園子温氏が「悪」で1%の可能性で「はめられた」こともありますからね。
まぁ告発の内容が全て真実だとしても、どんな悪人だったとしても「ネットリンチ」はやめましょう。

そんなわけで・・・

今回のニュースでもしかしたら「園子温監督作品」が配信停止になる可能性があるので・・。

プライムビデオで見れる「園子温監督作品」を紹介してみようと思います。

目次

1・TOKYO VAMPIRE HOTEL(2017)

TOKYO VAMPIRE HOTEL
©2017NIKKATSU

作品概要(キャスト、主題歌等)

全10話(1話30分)
主演 夏帆・満島真之介
出演 冨手麻妙・神楽坂恵・安達祐実・森七菜・斎藤工・松井玲奈・中川翔子・桜井ユキ

主題歌:MIYAVI「Bumps In The Night」
OPテーマ:tricot「TOKYO VAMPIRE HOTEL」
企画・制作: 日活株式会社

作品内容

まずは独占配信のAmazon original園監督初の完全オリジナル脚本の作品。
今や主演をつとめる森七菜のデビュー作ですね。森七菜ファンはこれだけでも見る価値ありです(笑)。
後半の8話から登場です、可愛い。ちゃんと重要人物です。

作品は「地球と人類の滅亡を図る吸血族と人類の戦い」
第一話の冒頭から怒涛の園子温節。しょこたん演ずる殺人鬼・ギガが飲食店にて血塗れの銃乱射の映像は園子温作品好きは一気に引き込まれるでしょう。サイコパスしょこたんの怪演は見ものです。

セットもキャストも豪華で、銃撃&剣劇アクション。ワイヤーを使ったド派手な演出は結構Amazonの本気が見られます。

レビューは星2.5・・・1、2が過半数を占めてますが、それは園子温監督の作品「今に始まったことではない(笑)」
賛否が分かれて当然なんですよね。好きな人は好きでいいんですよね。
ストーリーとか設定とか度外視で、極彩色の映像美と「血がドバー」っとでるそんな勢いで最終話まで感覚で見る作品だと思います。
当然、かなりの「エログロ」なので、苦手な人はもちろんやめておきましょう。

ドラマの特別編集版『東京ヴァンパイアホテル 映画版』も配信してます。
2時間21分にギュッと凝縮しているので、更にスピード感がマシマシですね。
サクっと体験したいなら、こっちがおすすめですね。

『TOKYO VAMPIRE HOTEL』を観る ▶︎▷▶︎
『東京ヴァンパイアホテル 映画版』を観る ▶︎▷▶︎

園子温監督『東京ヴァンパイアホテル』 90秒予告 | Amazonプライム・ビデオ

2・自殺サークル(2002)

自殺サークル 園子温

作品概要(キャスト、主題歌等)

出演 石橋凌・永瀬正敏・さとう玉緒・宝生舞・余貴美子など

挿入歌:
倉本美津留「それではみなさんさようなら」
デザート「Mail Me」「パズル」など

上映時間:99分

企画・制作: 日活株式会社

作品内容(あらすじ・解説)

混み合う夕方の新宿駅のプラットホーム。楽しそうに談笑する女子高生たち。いつもの日常。ホームに電車が入ってくると、女子高生たちは突然、互いに手を取り「いっせーーーの!いっせーーーの!」と掛け声をあげる。
「いっせーーの・・・・・せっ!!」と・・・飛び交う血・・血・・血。平和な日常に悲鳴を血しぶきが赤く染める。

それは54人もの女子高生たちの集団自殺だった。同じ頃、各地で集団自殺が次々と起こった。これは事件なのか、事故なのか・・・。その真相を確かめるため、警察は・・。


冒頭からかなりグロなシーンから入ります。2002年の作品ながら、映像の色の使い方の青白く不気味なフィルムのタッチがよりサスペンスな雰囲気な醸し出してます。
意味深な伏線、謎が謎の呼ぶ作品ですが、実はこのあと紹介する「紀子の食卓」の前日譚に当たる作品。
2部作という気持ちで見るといいかもですね。
2000年初頭は「新しい時代」の光の部分が落としたの「混沌とした闇」が強く現れた時代でもあります。この作品はフィクションのようでありながら、ひとつ歯車が狂えば時代の闇に引き込まれリアルでも起こっていた可能性が充分にあるそんなギリギリの世界観がぞくっとします。

SNS世代、生配信。集団心理と自己承認欲求が混ざり合い、さらに加速しつつある現代。「こんな事件ありえない」と笑っていられないそんな緊張感がこの令和にもあると思う。今だから見ておく必要のある作品かと思う。

『自殺サークル』を観る ▶︎▷▶︎

3・紀子の食卓(2006)

紀子の食卓 園子温

作品概要(キャスト、主題歌等)

出演 吹石一恵・吉高由里子・光石研・つぐみ

テーマ曲:「Lemon Song」
挿入歌:マイク真木「バラが咲いた」

上映時間:2時間39分

制作: マザーアーク

作品内容(あらすじ・解説)

平凡な女子高生・島原紀子(吹石一恵)はある日インターネットのサイト『廃墟ドットコム』を知る。そのサイトで知り合った「上野駅54」と名乗る女性を頼って東京への家出してしまう。
上京した紀子はある経緯から『レンタル家族』という虚構の世界で生きていくことに。その半年後、新宿駅のホームで54人の女子高生が横一列に並んで手を繋ぎ、入ってきた電車に飛び込み自殺する事件が発生する。

紀子の妹・ユカ(吉高由里子)は姉のパソコンの履歴から『廃墟ドットコム』を知り、それが集団自殺と関係していることに気づく。ユカは、ふと「私も姉と同じく失踪したら両親はどうするだろう?」という疑問が湧き架空の話としてノートに書き始める。


原作はノベライズ『自殺サークル 完全版』がもとになっていますが、正式な続編ではなく繋がりあった世界であり、それでいて「自殺サークル」での伏線回収・謎の真相なども描かれているが、単体作品としても充分に見応えのある作品になっています。

吉高由里子さんのデビュー作であり、この作品で第28回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞した。
初々しい演技・・と思いきや、もうこの頃からすごいオーラがでまくってるなぁ
主演の吹石一恵さんもうそうですが、このふたりの演技に胸が締め付けられそうになりが直視できないシーンも多々あります

自己の喪失とともにカルトな世界に足を踏み入れる若者。「レンタル家族」という自分の役割を演じてるうちに現実と非現実の境界線を見失う。家族の価値、生死の価値が希薄になっていく現代社会。テーマは「家族愛」なのか「青春のモノローグ」なのか、見る人、その時の気持ちで見える世界が変わってくる作品です。

案の定、グロシーンもありますが「自殺サークル」より、映像的にも物語的にもずっと見やすい作品かと思います。
レビューの評価も園子温作品に珍しく高い(笑)。

『紀子の食卓』を観る ▶︎▷▶︎

4・気球クラブ、その後(2006)

作品概要(キャスト、主題歌等)

出演:深水元基・川村ゆきえ・長谷川朝晴・永作博美・いしだ壱成・江口のりこ

主題歌:畠山美由紀「翳りゆく部屋」
音楽:荒井由美

上映時間:93分

配給:エム・エフボックス

作品内容(あらすじ・解説)

二郎(深水元基)が所属する“気球クラブ・うわの空”というサークルには、さまざまな想いを抱いた若者たちが集まっていた。5年後、ガールフレンドのみどり(川村ゆきえ)と微妙な関係を続けている二郎のもとに、リーダー村上(長谷川朝晴)の悲報が入る。これをきっかけに、バラバラになっていた仲間たちが再び集まる。


深水元基(ふかみもとき)さんは最近でも「真犯人フラグ」でもかなりフラグが立ちまくった「住宅営業マンの林洋一」の役者さんですね。園子温監督の映画「HAZARD」「ヒミズ」「新宿スワン」にも出演。映画「キングダム」でも朱凶役で存在感ありました。

R16指定であり、園子温作品なのでエログロを期待している人はごめんなさい。とても情感たっぷりの青春群像劇。いしだ壱成さんの役どころもあり野島伸司作品かと錯覚してしまうほどに。
荒井由美さんの大名曲「翳りゆく部屋」がモチーフになっていて、青春への別離、大人になっていく若者たちの恋愛模様をモラリアムな喪失を描いています。そんな胸を締め付けられる青春ドラマです。

特筆すべき点は永作博美さんの迫真の演技。ラストまでちゃんと見てほしい。
エンドロールの畠山美由紀「翳りゆく部屋」の美しさたるや・・。

緩やかなサークルでの若者の日常、そんなセミドキュメンタリーな風景・・観るひとによっては「平坦で退屈話だな」とやめてしまうかもしれません。でも後半にかけてあることから一気にスリリングな展開になっていきます。その緩急が見事にハマった作品かと思います。

園子温作品が苦手・・・ってひとでも安心して見れる作品です。
名作ですよ、ほんと。

5・新宿スワン(2015)

作品概要(キャスト、主題歌等)

出演:綾野剛・山田孝之・泉大智・沢尻エリカ・深水元基・安田顕・吉田鋼太郎・伊勢谷友介・山田優

主題歌:MAN WITH A MISSION「Dive」
挿入歌:UVERworld「Collide」

上映時間:139分

作品内容(あらすじ・解説)

『クローズ』『ルパン三世』のプロデューサー、山本又一朗。
奇才・園子温監督が鈴木おさむを脚本に迎え、ついに完全実写化。

4000店以上の飲食店・風俗店がひしめきあうアジア最大の歓楽街「新宿歌舞伎町」。
水商売の斡旋するスカウトマンたちの熾烈なだまし合いによる抗争。頂点へと成り上がろうとする熱き男たちのロマンを描く。
人生のどん底で歌舞伎町を彷徨う、金髪、天パー、一文無しの白鳥龍彦(綾野剛)が足を踏み入れた裏社会。それは様々な男女の危険な思惑が考査する混濁した世界。「俺がスカウトした女の子は、必ず幸せだって言わせます!」ハンパな覚悟じゃ生き残れない、力VS力の生存競争の中で、龍彦の大いなる冒険がはじまる!


往年の園子温節から、どちらかというと山本又一朗氏の色が強くでている印象です。人によっては「あ、これ園子温だったんだ?」みたいな反応があるかもですね。
興行収入も13.3億円と大ヒットしましたし、アングラな感じはしないですね。

エンタメヤンキー裏社会ムービー。結局、勢いだけで突っ走った雰囲気ありますが、金・女・薬、暴力。そんな夜の街の混沌が好きならありですね。「龍が如く」とか。

主演の綾野剛さんもいかにも主人公!って感じでその熱演っぷりは痛快。ですが、注目すべきは山田孝之さん。やはりこの人、超実力派ですね。
ヤスケン・伊勢谷さん、吉田鋼太郎。超演技派の豪華キャストですよ、ほんと。

沢尻エリカさん・・薬漬けの風俗嬢「アゲハ」でも話題になってしまった作品。
でもいい演技してますよ、いい女優さんだったのにもったいない。

6・新宿スワンⅡ(2017)

作品概要(キャスト、主題歌等)

出演:綾野剛・浅野忠信・伊勢谷友介・深水元基・上地雄輔・広瀬アリス・成田凌・豊原功補・山田優・椎名桔平

主題歌:MAN WITH A MISSION「Dead End in Tokyo」
挿入歌:UVERworld「エミュー」

上映時間:133分

作品内容(あらすじ・解説)

新宿バーストのエース格となった白鳥。勢力拡大を目論む社長・山城の命により,幹部の関玄介と共に横浜へ。
しかしそこは滝マサキが支配する難攻不落の王国だった。早々に手荒い洗礼を受ける龍彦たち。
窮地に陥った新宿バーストは,龍彦を破門することで事態を回避しようとするが・・・。
「オレは歌舞伎町の番犬だ。この街守るためだったら何でもすんだよ!」
新宿と横浜は全面戦争へと突入。龍彦は逆襲の狼煙をあげる!


大ヒットから2年。原作でいうと「横浜編」にあたるストーリーで待望の続編!
前作の豪華キャストからさらに浅野忠信・椎名桔平を迎え・・パワーアップ!!と、思いきや興行収入的には前作を大きく下回る結果に。
夜の街の人間模様、駆け引き、堕ちていく人々。そんな前作から今作は横浜進出への抗争がメインなので、物語のふかみとしては希薄になってしまった感は否めないですね。

娯楽作品として「細かいことを気にしない!」というか、園子温・・本当にメガホン取ってるの?と言いたくなるほど薄味です。豪華キャスト!スケールアップ!で、前作を超えるヒット!・・を狙いすぎちゃって滑ってしまったかもですね。

でも役者さんの熱演は変わらず、見所はたくさんあります。
レビューでも触れているひとも多いですが、前作今作の山田優さんのママさん役。とてもハマり役ですね。かっこいい。

あと今作のヒロインの広瀬アリスさん。可愛いのでそれだけで見る価値あり?

7・エッシャー通りの赤いポスト(2021)

​エッシャー通りの赤いポスト 園子温

紹介に入る前にひとつ。

「プライムビデオで観れる」と銘を打っておきながら最後の作品はまだ上映中。
まだ配信も、レンタルも、円盤のリリースも決まっていません。

今回の「園子温の報道」により、今後の対応がどうなるのかわかりませんが、個人的に傑作。
若い新人俳優たちの熱演には罪はない。
そう思うのであえて最後の紹介をこの作品にさせていただきます。

作品概要(キャスト、主題歌等)

出演:藤丸千・黒河内りく・モーガン茉愛羅・山岡竜弘・上地由真・縄田カノン・鈴木ふみ奈
監督・脚本・編集・音楽:園 子温

上映時間:146分
劇場公開:2021年12月25日

作品内容(あらすじ・解説)

エキストラでいいんか!?
人生のエキストラで!?立ち向かえ――

鬼才のカリスマ映画監督・小林の新作映画『仮面』。演技経験を問わないオーディションを開催。
浴衣姿の劇団員、小林監督の親衛隊、俳優志望の未亡人、殺気立った訳ありの女、など個性的な面々がオーディション会場に押し寄せて来る。

脚本作りに難航する小林の前に元恋人の方子が現れ、脚本の続きを書いてくれるという。
方子に励まされながら『仮面』に打ち込むが、エグゼクティブプロデューサーからの難題を強いられる。
自暴自棄に陥った小林は、姿が見えなくなった方子を探すが……。


今作は「園子温監督ワークショップ」から選出された役者志望たちで作られた作品。わずか2週間で697名の募集があり、その中から51名が選抜された。『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』などのその奇才を奮ってきた園子温節全開のインディーズ映画への原点回帰と称されるほど、映画愛に溢れた青春群像劇となっています。

エログロ・バイオレンスの方向性ではないが、それでも園子温の集大成かつ新境地だと思える。
146分の長編、51人の承認欲求の塊のようなキャストたちをうまく着地させたのは力技でもあり、奇才の巧みな采配によるものですね。
藤丸千さんと黒河内りくさん。この二人は今度も大成するだろうなぁと思う。まさに新世代の原石。

そして昨年、松田龍平さんと結婚を発表したモーガン茉愛羅(まあら)さん。
実に開放的かつ魅力的な演技。本業はモデル・フォトグラファーで、役者としても活動はごくわずか。
なんと映画は今作で初!もっと彼女の演技をみてみたいと強く思いました。
・・とはいえ、先月に第一子が誕生したばかりですね。おめでとうございます。

作品はまさにカオス!観る者を平然と置いてけぼりにしていきます。
わからん人にはそれでいい。と、久しぶりに尖った園子温の世界が味わえました。

劇場公開ももう終盤。上映館を探すのはもう大変でしょう。
いずれオンデマントにもくるでしょう、それまではお預けですね。もう一度、きちんとみて考察したいなぁ。

エッシャー通りの赤いポスト(予告編)

紹介しきれなかったプライムビデオ でみれる園子温作品

ひそひそ星(2016)

作品概要

出演:神楽坂恵・遠藤賢司・池田優斗・森康子
上映時間:100分

冷たい熱帯魚(2011)

作品概要

出演:吹越満・でんでん・黒沢あすか・神楽坂恵・梶原ひかり
上映時間:146分

園子温という生きもの(2016)

作品概要

出演:園子温・神楽坂恵・染谷翔太
上映時間:97分

※こちらはドキュメンタリー作品となっています。

プライムビデオ の無料期間・料金等の情報

学生さんは『Prime Student』でさらにお得(無料期間破格の半年!)

そして・・そして無料期間が終わっても、安心!
プライム・ビデオ は最強のコスパなのです

スクロールできます
サービス名月額料金(税込)
U-NEXT2,189円
Hulu1,026円
Netflix990円~
Paravi1,017円
Amazonプライム・ビデオ500円(学割で250円)
オンデマントサービスだけじゃない!
最強の【 プライム会員の特典 】
  • Amazonの配送でお急ぎ便送料無料や日時指定便使い放題
  • 音楽サブスク・サービス「Amazon Music Prime」200万曲が聴き放題
  • 電子書籍サービス「Prime Reading」Kindle本が読み放題
  • オンラインストレージ「Amazon Photos」 写真を容量無制限にクラウドに保存

他にも嬉しい会員サービスがありますが
これ、追加料金なしで全部入りです。

まとめ、作品は監督ひとりの物じゃない

園子温の今回の報道により「もう彼の作品はみない!」その感情ももちろん当たり前です。
「監督」というのはやはり作品の柱です。でも監督の私物ではない。
キャスト・スタッフ・制作会社・配給会社、そしてその作品を愛する人々。たくさんの人の気持ち、それぞれの想いが集約され成り立っているもの。

映画やドラマ、関係者ひとりの不祥事で「連帯責任」のようにその作品を闇に葬るようなこの潔癖なコンプライアンス社会は異常な気がします。
そして報道から「で、どの女優が被害を受けたんだろ」と興味本位で傷口をえぐるような詮索もしてはならないんですよね。

冒頭でも書いたように
「告発の内容が全て真実だとしても、どんな悪人だったとしても「ネットリンチ」はやめましょう。
そしてこの報道を受けても「それでも園子温の作品は好きだ。いいものはいい。これからもみたい。」と思う人もたくさんいる。そういう人も無闇に否定、攻撃してもいけないんですよね。

作品に罪はない。という言葉よりも
「否定も肯定も自由なエンタメの世界でいて欲しい。」それが願いですね。

ご清聴ありがとうございました。

ひなた

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる