MENU
ひなた(ヒナレコ)
この記事を書いた人
もとは小説家。
音楽バカがこうじて「ヒナレコ❗️」音楽特化サイト開設。

目標は「ひなたカフェ」とフリースクール開業!

カタガキは料理人、音楽家、イベンター、ライター、脚本家、など紆余曲折しまくって器用貧乏まっしぐらです。

雑記や小説などは 【 note 】に引越しマシータ
よかったらどーぞ!👇 👇 👇
【コスパ重視】Amazonで2021年買ったもの7選!【可愛いは正義】

旅のお供は「ほどよい酸味の”骨抜き”カリカリ梅」。だったはずが・・。

◆ 2022/02/28(日)

旅のお供は「ほどよい酸味の”骨抜き”カリカリ梅」。だったはずが・・。

スノボ話題でまだ引っ張る余韻をとことんエンジョイトゥザビートしたいお年頃。
旅の出発直後のコンビニって楽しいよね。「高速乗る前にとりあえず飲み物とトイレ行っとく?」のこの感じ。結局は飲み物で終わらずに、いろいろ余計な物を買い込んで買いすぎたお菓子なんかは旅の終焉まで封を開けずに残る。そして家に持ち帰りするところまでがセット。それが煩悩に支配されたあさましい人の業なのである。
普段はスナック菓子などは極力買わないように努めているが故、さしずめ旅を理由にチードディを解放するのである。

幼少期は三半規管がぶっ壊れていたのか、悪しき呪法をかけられていたのか・・それくらい酷い車酔い体質だった。家族で「今日は外食よ」の一声、これは一般家庭では「わーい!今日はハンバーグ食べるー」そんな、しあわせ家族のヒトコマなのだが、私には呪いの言葉だった。”これから車に乗る”と告知された瞬間から車酔いが始まるのである。

家からたった10〜15分のドライブでもうHPはゼロ。レストランについてしばらく体力の回復を待って、最初にアイスという名の【やくそう】を使って、それからメインの料理を食べるという逆転の作法。帰路のドライブのことも忘れてお腹いっぱい食べて、帰りにまた更なる地獄をみるというそんな日々でした。中学高校と歳を重ねるごとに車酔い耐性もついてきて、18歳で自分で運転するようになって完全に克服しました。

そんなトラウマもあって、長期ドライブの際のお供は酔い止めの「梅干し」。今はコンビニでも車内で気軽に食べれる「カリカリ梅」「梅シート」「スッパイマン」などラインナップも豊富。クエン酸でドーピングすると運転中は特にシャキッとするし、口寂しさも解消。なので”旅前コンビニ”では必須アイテム。

今回のスノボでも当然のように買った「カリカリ梅」がこれ!

ほどよい酸味の種抜きカリカリ梅

セブンイレブン師匠の「ほどよい酸味の種抜きカリカリ梅」さんの登場です。これがとっても当たりだった。ほどよい、とことんほどよい、豈図らんやほどよい。食リポしようにも「ほどよい」以外の言葉が出てこない。このネーミングである必然をひしひしを感じます。今まで食べてきたこの手の商品は「あぁ梅ですね、そーですね」という印象でこれといったスペシャリティーは感じなかった。しかしこれは「なぬッ!?」と声が出た、ただそれだけです。ただそれだけであるがゆえに至高の逸品かと思います。

普段は塩分の取りすぎに注意して「旅チート」以外では買わない私も、PCデスクの横に置いて日常に浸食してしまいそうな魔力を秘めています。すっかり種抜きで骨抜きになってしまいました。

ひなた

■ よくよまれている記事 ■


Kindle ゲーム・アニメ・漫画 セツヤク タノシム ドラマ 徒然戯言 日常 音楽


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる